笑売繁盛

商売とは、笑売である。

日本には多種多様の食文化が根付き、美味しい料理が食べられるレストランは星の数ほどあります。特に東京というエリアにはグルメの最高峰レストランが集結し、食べられないジャンルの料理が無いというほどの発展をとげています。そんな沢山のレストランの中から、どうやったら「天に行きたい」と思ってもらえるのか。それを考え続けてきたからこそ笑売繁盛哲学が生まれました。

<吉田雅己の笑売哲学>
ただ焼いたのを食べて下さい。じゃなくて、お客様の目の前で華麗なテコさばきで焼いてお出しする。スタッフがエンターテーナーとなって、カウンターと客席のトークをとことん楽しんでもらう。おいしいのは当たり前。うちも魚介類は毎日築地から直送された新鮮なものだけを選びますし、肉は銀座の老舗店から特選和牛を仕入れています。でも、そんなことはどこでもやれる。
「楽しい、おもしろい、また来ようか」と思ってもらうには、美味しいだけじゃなくて、お客さまに楽しんでもらわんと。その為には、まず自分らが笑って楽しむこと。「商売」は「笑売」なんです。

Site map

トップページ
会社情報
事業紹介(直営店事業部/コンサルティング事業部/ブライダル事業部/仕入れ事業部)
ニュース
リクルート
笑売繁盛
東京で成功する飲食店

天のレシピ教えます

店舗案内

お問い合わせ